kuniku’s blog ログ

日々の雑記。バイクやツーリングなど

トップページ

おもに

バイク ツーリング

  • バイクでツーリングした記録を残しています、半年前・数ヶ月前のツーリング記事をアップ・更新しています
  • 車種

    • MT-07 ABS 2016年式 RMJ-07(次は、Ninja1000 やGSX-S750に乗りたい、他には CRF250 RALLY、WR250X、S1000XR、に乗りたい) このブログのカテゴリ MT-07 またはサーチ
  • 場所

    • 主に房総の滝、ダム、城、公園、岬、歴史的建造物・旧家、東京湾岸、南房総
    • 茨城は年に数回
    • 静岡は年に数回 富士山、伊豆 方面は稀に
    • 群馬は年に1,2回

情報

バイク関連ページのブックマーク

次のバイクが欲しい

最近、バイク2,3台増車したいと思って、欲が出てる

www.youtube.com
www.youtube.com

Tracer900GTのyoutube動画見てて、これ欲しい!って思ってしまった。
GSX-S750も欲しいけど、これも欲しい!
Tracer900のマットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)の青色を赤にして、ホイールは黒で赤のリムテープでGT出してくれないかな?
グレー色のやつだとなんか見た目が安っぽいというか・・・、もしくは全面白一色で黒や赤や青のラインとか。来年まで待ったらマッドブルーがマッドワインレッドに変わってNewカラーで出たりして。

MT-07が悪いわけではないけど、Tracer900GTはMT-09SPをツーリング仕様(ツアラー)にした感じで、いいなぁ。
ノーマルのTracer900とGTを比べると、完全にツーリング仕様といえよう。
ただ、燃費が悪くなってる話しがあるらしい

GTでの2017年までのMT-09Tracerからの変更点

  • 横幅少し小さくなった(950→850mm)、Ninja1000より広い、810くらいにしてほしかったけど、ハンドガード+バーエンド分長い?
  • スクリーンが面積大きくなった、片手で高さを調整(5mmで10段階)
  • スリッパークラッチ
  • フルカラーメーター
  • グリップヒーター
  • サスペンション前(右側のフォークが伸側減衰、左側のフォークが圧側減衰の調整が可能なフルアジャスタブ)
  • リアサスペンションはプリロード調整にリモート操作機構
  • クイックシフター
  • クルーズコントロール
  • シート高が5mm高くなった
  • ホイールベースが60mm長くなってるから、直進は良いけどコーナーはどうなのかな?

変更無し

  • トラコン(1/2/OFF)、モード(A/STD/B)そのまま

変更点の想像

  • グリップヒーターはかなり重宝する、
  • リアサスが工具なしで調整可能なので、高速道路とワインディングと街中等で変更が容易
  • スリッパークラッチによりバックトルクリミッターでのエンブレが穏やかになる・ホッピング軽減、ただエンジンブレーキの楽しみ減るのかな?
  • クルーズコントロールで高速道路で巡航で流したいときに楽ちん、右手けっこう疲れるんだ
  • スクリーンの面積アップと高さ調整の容易さで疲労軽減、高速とワインディングで高さ変更も手軽にできる
  • クイックシフターって、ダウンの方はあると良いんだけど、アップの方はそこまで必要性を感じない、そもそもだらだらでなく回転数上げてクラッチ握らずにチョンとやればシフトアップできるし、ダウンも入る。1速でのクラッチ繋げる時に回転数を少し上げるスズキのローRPMアシストのが良いかなと思う
  • シート高さアップ、MTシリーズからヨーロッパ市場向けであることは明白であるが、脚の長くない日本人だと地味に敬遠しがち。シート高があればツーリングでは膝が楽になるよね。ローシートとかクッション性悪くなるし

買うには

  • 似たり寄ったりの排気量・馬力クラス(600-900cc、80-100馬力)を複数台持つ意味は?
  • MT-07は維持していきたいし、GSX-S750も欲しいし、Tracer900GTも欲しい、バイクを置く駐車場が無い。
  • 住んでる近くに駐車場がない、屋根付きがいい。

YAMAHA JP News

千葉の東京寄り、江戸川沿いの市(昔では、東葛飾郡という呼び方)

千葉県北の西側の位置関係(ピース)がさっぱり

千葉県の東京寄り・隣接する・江戸川沿いの市(昔では、東葛飾郡*1という呼び方)は、かなり人口が多いことを知り、それぞれの地域の場所(パズルのピース)がなんとなくわかってきた(が、いまだによくわからない)

千葉県の市区町村マップ

パズルのピースがぐちゃぐちゃ

柏と松戸と流山市の配置のパズルのピースがぐちゃぐちゃになっていて、
柏の北側が松戸? 松戸ってどの辺り?
市川の北と東が船橋市
船橋市の北が鎌ケ谷市
我孫子市は茨城?

きっかけ

  • 千葉県に住んで、人生の半生になるかもしれないこの頃。
  • 10年以上前にバイクにのって、柏駅付近や松戸あたりは行ったことがあったけど、まったく道を知らないので、少しは知っておこう。
  • 国道298号の整備、国道6号との接続ということで、茨城方面に行くのに、その両方の国道を走った
    • 行きも、帰りもR298を走った。新しい道は轍(わだち)が一切なくいいね。
    • 行は、Yahoo!ナビの右折の指示に従ったんだけど、もっと先に行ってから右折の方が良かった。道間違えた。

f:id:kuniku:20180618131515p:plain:w500

地図見たり、走ったりして知ったこと

  • 北から南に順に、野田、流山、松戸、市川、浦安となる
  • 柏は面積デカイ・船橋もデカイ
  • 松戸は人口が多い、人口密度も高い
  • 鎌ケ谷市は面積小さい、船橋市の北側
  • 柏や松戸は、発展した街。(おそらく船橋相当?)
  • 我孫子は茨城じゃない、千葉だ(千代田線の「取手」行きがあって、その手前が我孫子で、どちらも茨城と思っていた)

これまで知らなかった理由、(今後も?)

  • 南北に移動することがない
  • 南北に便利な道がない
  • 千葉のツーリングといったら、市原市から南側
  • 三郷付近を通るとしても、高速道路の外環や常磐道を走ってしまう
  • 環七通りを使うことのが多い
  • 鎌ヶ谷船橋は渋滞がひどくて避けたい、今回で国道6号も都心方面に向かう夕方前から渋滞がひどいことがわかった

国道298号を走って

  • R298号での案内標識で、浦安方面の案内が湾岸道路いくまでに計3回もある(知らないと間違って右折してしまうだろうな と思った)
  • R298号からR357湾岸道路への2又分岐(左側が千葉市方面側、右側が浦安方面側の分岐)で、スピードダウンする(迷う)人がいた。以前に動画アップしている人がいて*2、道案内標識が見えるのが遅く、わかりにくいと思っていたから、私は迷うことなし
  • 道の両サイドが工事中の箇所が多く、半年、1年すると景色が変わっていそう
  • 大型車の右左折不可の箇所がある、道幅・内輪差から見ると2tトラックが曲がれる限界かと思われる

国道6号を走って

  • 行きの時間帯(9時過ぎ)は、南から北へ進んでる。よく遭遇する国道の流れ、すいすい進む
  • 帰りの15-17時前、激混み。2車線あっても、全然進まないやんけ、渋滞というか進んでない
  • R357号やR14号の千葉市内とくらべて、渋滞はひどいかな。中央分離帯の有無、R357号は右折車線が別に設けられている(ただ、溢れているけど)、R357やR14号は途中から3、4車線(左折、右折、直進2車線)なので、渋滞だけど進む。
    • R357やR14の渋滞ポイントは、信号 蘇我陸橋、千葉西警察署、若松 あたりかな
  • 行きで、車が横転してさらにひっくり返ってた。近づくまでどうなってるのかわからなかった
  • 帰り、ずーっとなかなか動かない渋滞で、2車線あるのですり抜けは可能だった。途中、追突事故が発生していた。救急車が国道を東京方面に進んでいたが、柏手前から渋滞がひどすぎて進まず、逆側に入って進んでた。中央分離帯あったら無理だよなー。BMWモトラッド柏あたりまで。Kawasaki plaza松戸の横をとおり、試乗車でNinja250/400/1000があり、1000がなかったので試乗に出てるのかと思った

2018-06-02 MT-07のタイヤ PR3(MICHELIN PILOT ROAD 3)の減り具合、ODO14,000km

MT-07のタイヤ

走行距離とタイヤの状態

  • 今回のツーリングで、ODOメーター(走行距離)14,000kmに達した

走行距離 14,044km での状態
f:id:kuniku:20180602180826j:plain:w200

タイヤを撮影してみた

  • アマリングで残っていますが、左側はアマリング減ってるのでバンクして荷重かかってるのかな。右側は5月にいった榛名山で少し減った。
  • タイヤの残量

タイヤの状態

リアタイヤ

f:id:kuniku:20180602180147j:plain:w200f:id:kuniku:20180602180722j:plain:w200

リア左側が陰になって見えない
f:id:kuniku:20180602180318j:plain:w200f:id:kuniku:20180602180738j:plain:w200

フロントタイヤ

フロントはアマリングがたくさん
f:id:kuniku:20180602180549j:plain:w200f:id:kuniku:20180602180554j:plain:w200f:id:kuniku:20180602180649j:plain:w200
f:id:kuniku:20180602180702j:plain:w200f:id:kuniku:20180602180710j:plain:w200

なんとなくの感覚

距離 減り具合
0-5,000km けっこう控えめで走ってることが多いためかなかなか減らない*1
5000-10,000km 減りが早い、比較的路面温度が高い時期の走行が多いことが影響しているか?
10,000-15,000km 減りは少し緩やかになったかな、でも0-5000の頃よりは減りが早い、11000kmあたりからは主に冬の時期であったためそれが影響しているか?
  • 現状の減り方であれば、15,000km以上はもつ、スリップサインに達するのは18,000-20,000kmくらいか。夏場次第なのと高速道路の利用量で変動しそう。
  • スリップサインに達する前には交換するが、別のバイクに乗り換えたりして・・・GSX-S750とか
  • フロント側のサイドはかなり残っていて、急な下りの時にずりずり、フロントが滑りそうだった(皮むきされていない箇所が影響か?)。たまに急降下右カーブがあると速度出て倒し込みしないと曲がらないから倒しこむと、普段使ってない箇所まで路面に接するのと、荷重が少なすぎてタイヤが潰れないからなのかな。下りの右コーナーは特に慎重に。下りでリア荷重で走るって難しい。
  • PILOT ROAD 3でここまでもつので、後継のPILOT ROAD 4 や 2018年春発売の ROAD 5ではさらにもつかな?(控えめに走ることが前提)
  • ミシュランは比較的もちが良いと聞く、ブリヂストンのツーリングタイヤはミシュランほどもたない、ダンロップは他よりももたない そんなイメージ
  • フロントもリアもセンターの減りが先にきそうだ

スポーツ(+ツーリング、ワインディングも)系タイヤにするならば

メーカー 品名
ミシュラン PILOT POWER 3
ブリヂストン BATTLAX HYPERSPORT S21
メッツラー SPORTEC M7 RR
ダンロップ SPORTMAX Roadsport 2

フューエルワン入れておいた

  • 14500kmあたりでエンジンオイルとフィルター交換予定なので、ガソリン満タンにした後にフューエルワン入れておいた。フューエルワンはオイル
  • 今回は計量カップをプラスチック製は溶けるため金属製を使い投入した。金属製またはガラス製を使うことをおすすめ。プラスチック製は時間が経つとみるみる溶ける。
  • フューエルワン入れた後は、マフラーの排気口あたりが普段に増して黒く汚れると思う。薄い黒でなく濃く見える。

*1:慣らしだけでなく、バイクに慣れる、バイク10年以上乗ってなかったから

2018-06-02 房総ツーリング(会所の森 親水広場/鵜原理想郷/大山千枚田)

ルート

f:id:kuniku:20180625133516p:plain:w300

会所の森 親水広場

穴場スポットかな?
誰ひとりもいなかった。駐車場に戻ったら、1台車があった
遊歩道がある、避暑地な雰囲気。標高が200m程度あり、木々にも囲まれ涼しかった

f:id:kuniku:20180602104125j:plain:w200

f:id:kuniku:20180602104255j:plain:w200f:id:kuniku:20180602104152j:plain:w200f:id:kuniku:20180602104206j:plain:w200

f:id:kuniku:20180602104226j:plain:w200f:id:kuniku:20180602104323j:plain:w200f:id:kuniku:20180602104606j:plain:w200

散策路・遊歩道
f:id:kuniku:20180602104518j:plain:w200f:id:kuniku:20180602104531j:plain:w200f:id:kuniku:20180602104643j:plain:w200
f:id:kuniku:20180602105104j:plain:w200

麻綿原高原付近

  • 画像は撮影していないので、無し
  • 県道81号、178号の間に位置する、南下しながら行く人は、県道178号側から行く方が良さそう
  • 麻綿原高原付近にいったけど、まだまだ紫陽花は6月中旬・下旬かららしい。
  • このあたり行く人は注意なのが、道幅が狭いため周辺の道は全て一通になる。
  • 道幅狭い、見通し悪い箇所多い、道の中央は苔(コケ)があるので滑りやすいので注意、雨の後だとツルツル

鵜原理想郷

  • 昨年の同時期(2017-06-03*1)にも行ったけど、1つの岬行っただけなので、他も回ることに
  • いい見晴らし
  • 勝浦あたりはリアス式海岸がよくわかる、岩の地層むき出し、崖の下の方にむかって、逆三角形でえぐられてる。もっと近くで見られる・手に触れることができるのは、守谷洞窟からさらに海岸沿いに進んで先が雄大
  • 昨年同様に、暑い。25度超えると暑い。汗びっしょりくらい。海岸へ降りていくのは、暑くて疲れて、また登ってくるのが大変なのでやめた
  • 屋根付きのところで休憩すると、太平洋側の風が気持ちいい、心地よい
  • 相変わらず駐車場狭いな(乗用車10台は停められない)

f:id:kuniku:20180602115527j:plain:w200f:id:kuniku:20180602115626j:plain:w200
f:id:kuniku:20180602115545j:plain:w200f:id:kuniku:20180602115630j:plain:w200

鳥がたくさん飛んでる
f:id:kuniku:20180602115735j:plain:w200f:id:kuniku:20180602115736j:plain:w200f:id:kuniku:20180602115750j:plain:w200

昨年、疲れて行く気がなくなった箇所の方へ
f:id:kuniku:20180602120056j:plain:w200
f:id:kuniku:20180602120433j:plain:w200
f:id:kuniku:20180602120453j:plain:w200f:id:kuniku:20180602120532j:plain:w200f:id:kuniku:20180602120523j:plain:w200


浮いたら、ラピュタみたいだな とふと思った。
f:id:kuniku:20180602120939j:plain:w200f:id:kuniku:20180602120935j:plain:w200f:id:kuniku:20180602120538j:plain:w200


さらに別の箇所へ
f:id:kuniku:20180602121338j:plain:w200f:id:kuniku:20180602121621j:plain:w200

海水浴場側、海がエメラルドブルーに見えなくもない
f:id:kuniku:20180602121646j:plain:w200f:id:kuniku:20180602121721j:plain:w200f:id:kuniku:20180602121717j:plain:w200

神社、疲れて階段すら登る気なし
f:id:kuniku:20180602121843j:plain:w200

大山千枚田(田植え後)

2017年1月の時期にいった(稲刈り後)
今回は、田植え1ヶ月経過するかしないかくらい(ゴールデンウィークに田植えしたらしい、話し声がしてた)
2017年の冬時にトイレ設置工事中でしたが、完成してた

f:id:kuniku:20180602134900j:plain:w200f:id:kuniku:20180602135022j:plain:w200

f:id:kuniku:20180602134945j:plain:w200f:id:kuniku:20180602135042j:plain:w200

f:id:kuniku:20180602135233j:plain:w200f:id:kuniku:20180602135237j:plain:w200

f:id:kuniku:20180602135406j:plain:w200f:id:kuniku:20180602135413j:plain:w200f:id:kuniku:20180602135425j:plain:w200

名もなき崖とトンネル

県道88号の地名「関」というところ。88号を北上していく途中の小さい牧場過ぎて、湊川渡った直後の「小畑←」という木製の看板を入ったところの場所
いつも、88号を北上する時に左手に崖・岩が見えるので寄ってみた。なお、行き止まりなので注意。
f:id:kuniku:20180602143119j:plain:w200
f:id:kuniku:20180602143004j:plain:w200