kuniku’s hatena blog

日々の雑記

近況 首痛 2017-06-10

梅雨

2017年の関東地方 梅雨は、昨年と同じく雨少ないなー。
水不足になりそう。

首痛

土曜は、ツーリング行く前にお風呂入ってシャワー浴びてと思ってたら、
お風呂入ってるときに、首をつったような感じで痛くなった。

ツーリングやめて、近場のバイク用品店や店をまわろうと思って、バイクに乗ったら
左右の首振り、車線変更での左右後方目視で、痛い て感じだったので、店もやめて
ガソリンだけ給油するだけにした

土曜の夜、日曜とだんだん痛みがひどく、肩や背中も痛くなった

月曜の今日は、昨日よりは良いけど、まだまだ首や背中は痛い

ヘルメット

夏用にOGKのシステムヘルメットが安そうなので、検討中。
SHOEIだと夏は暑いので、AraiのVECTOR-Xも視野に入れているが、OGKの価格には魅力。
ベンチレーションはAraiのが良く、夏場にシステムヘルメットだと飲み物が手軽に飲める
VECTOR-Xは、RX-7Xと同じPROシェードが使えることがわかった。RAPIDEやASTRAL-XのPRO SHADEだと異なるので注意

現在検討中のもの

  • Arai ベクター X プレイス・白
  • システム AFFID ホワイトメタリック
  • システム AFFID TRAD (トラッド) ホワイトメタリック

2016年冬~2017年春のツーリングの教訓

冬場のツーリングの教訓について、備忘として残しておく。

  • 今年の冬は比較的暖かく、天候に恵まれた土日だった
  • ツーリングは、冬(12月~2月前半)が良い。
  • 防寒準備しておけば良い、グリップヒーター無くても、インナーグローブで2重にすればなんとかなる. レバーグリップ付けることの効果もあり、レバーグリップは熱伝導を断つので思いのほか効果ある(冷たいのが伝わりにくい)。
  • 冬の難点は
    • 日中が短い(日の出~日の入りまでの時間が短い)こと。関東地方では、午前6時30分頃でうっすら明かり、夕方5時前後には真っ暗になる
    • タイヤが温まりにくい、峠走る人は要注意。
    • 朝の凍結や日陰の凍結、溶解に注意。千葉メインなので、凍結の遭遇は、ほぼなし(時間帯も影響)
    • 伊豆の山や茨木の北部や群馬や山梨・・・には行ってないからわからない
    • 凍結は危険だが、経験がないので、わからない. 千葉で凍結注意の看板を見る程度。
  • 2月中旬以降
    • 花粉症のため、2月中旬までの大量飛散前までは良いが、それ以降は乗車時間を減らすしかない
    • 花粉症持ちの私には、けっこうきつい、目薬と点鼻薬と服薬で対応しているが、目のかゆさは我慢でてきても、涙は止まらない。服薬は、1日1錠のクラリチンジェネリックにしているが、効果は8時間もたないので、前夜に飲み、そして昼に飲む。鼻水は点鼻薬で、1日1回を朝すれば、夕方までなんとかなる。
  • キャブ車だったら、朝の寒いときだと、エンジンの始動が悪そうだけど、インジェクションで新車バッテリーなので始動は一発始動で好調。10年以上前は、夜中にエンジン始動できず、苦労した思い出もある。チョークの引きが悪く、始動したと思って、数秒したら止まって、それ以降、エンジン始動まで30分くらいかかったなー。押しがけもやったし。
  • 疲労度は、冬場のが疲れない、夏場は暑さで どんどんやられていく。
  • 服装 `イージス透湿防水防寒`は偉大であった
    • イージス 防水防寒透湿の感想(2016年冬~2017年春) - kuniku’s hatena blogイージス 防水防寒透湿を着てみたPart2 、大多喜城までツーリング - kuniku’s hatena blog」に使用時のレビューを記載しているので参考に。
    • ネットの評判通りの防寒。お金の無い若い頃は、寒い寒いひぇーって感じで乗ってた。
    • 2017年の秋に買う人は、10月中旬以降には店に行き、11月中に買うべき、12月には在庫なしや。
    • イージスは上下で本領破棄。寒さだけでなく、パンツ側で少しフカフカしてケツ痛が軽減される。
    • プロテクターはインナーで対応する、中に秋用のジャケットでも、メッシュジャケットでも良い。
    • パンツ側の防寒は、ジーンズの上から着れば十分。バイク降りた後は、脱がないと熱くなることあり。
    • 関節あたりが冷えやすいので、膝にプロテクターのガード付けると、尚良し
    • 貼るホッカイロを、中のTシャツ等のお腹あたりに付けておく、冷えやすい人は、背骨の上の方と腰と胸の上部に貼ると良く、普通のと小さ目のホッカイロをうまく使う。
  • 飲食
    • 冬場はトイレに行く回数が多くなりがちで、お茶は利尿作用があるため、頻繁にトイレにいきたくなります
    • ジュース(ぶどう、りんご系)やスポーツドリンクが良いです
    • 何かとパンが重宝するので、菓子パン等は持参する。
    • 体を温めるには、暖かい部屋に入るのも良いですが、エネルギーを補給する。エネルギーを補給により、じわじわ効果があるのと、どんどん冷えるのに対し対応できます。消化の早いパン等が最適。
  • 準備
    • バイクに乗る前は、準備運動を多くする。屈伸、アキレス腱・ふくらはぎを延ばす、前屈、腰背中回りの回転、首をぐるぐる、足首をぐりぐり、 これらを重点的に最低2-3分くらいの柔軟体操を。体もほぐれるし、温かくもなる。
  • ヘルメット
    • AraiよりもSHOEIのヘルメットのが冬向きかな。ピンロックでの曇り止めもつける。SHOEIだとチンガード無くてもひぇーってほど寒くない。また、チンガードは鬱陶しいくらいなので付けていない。

2017-04-16 ツーリング(御殿場、道志みち、談合坂)

ルート

f:id:kuniku:20170531233728p:plain:w400

行った・寄った場所

魚啓:静岡県 御殿場にある店。

f:id:kuniku:20170416120149j:plain:w300

  • 店内黄色札の本日の丼オススメ(¥1,300)をやたらとオススメしてくる。何かあるのではと勘ぐってしまう。
  • 感想
    • オススメ丼は、待ちが長かった。30分以上まった。。。開店11:00~で出てきたのは11:45~。
    • おまかせ丼が安くて早くて良いかもしれない。
    • 味噌汁は、白だしで大きな器でくる。キャベツ、大根、人参が入った味噌汁。若干薄め。
    • 小さな茶碗蒸しがある、冷たいかと思いきや温かかった。

道の駅どおし

  • バイクいっぱいです。車よりもバイクのが圧倒的に多い
  • 裏側の川(山中湖側から、道志みち沿いの川)に、降りて少し水遊びしている親子ずれがいた

f:id:kuniku:20170416133108j:plain:w200f:id:kuniku:20170416133136j:plain:w200
f:id:kuniku:20170416133325j:plain:w200f:id:kuniku:20170416133515j:plain:w200f:id:kuniku:20170416133924j:plain:w200
f:id:kuniku:20170416134010j:plain:w200f:id:kuniku:20170416134030j:plain:w200

高速道路

  • 行きは、御殿場ICで降りて115km・ETC通常時3,070円、帰りは都留ICから113km・ETC通常時2,760円乗ったけど、帰りのが高速道路料金が安いのは、中央道の均一区間で安いのかな。
  • 談合坂SA入る前(15:30前)は、まったく渋滞なしだったけど、30-45分くらい滞在して、出る時点(16:00)で既に大渋滞始まってた。八王子JCTあたりまで、停止のろのろ渋滞。その後は、動いているけど、首都高の西新宿JCT手前まで渋滞続き。西新宿JCTからC2に入るところも、渋滞してた。その後は、普通にすいているくらい。
  • 談合坂SA
    • 芝生でのんびりしたいねー

f:id:kuniku:20170416152712j:plain:w150f:id:kuniku:20170416152716j:plain:w150f:id:kuniku:20170416152721j:plain:w150f:id:kuniku:20170416152724j:plain:w150

    • 花、桜、まだまだ桜は残ってた

f:id:kuniku:20170416152807j:plain:w250f:id:kuniku:20170416152813j:plain:w250f:id:kuniku:20170416152836j:plain:w250

服装

  • 朝の走行開始は7:30頃。バイクに乗る前の時間で、既に日が照っていて、寒さを感じないくらいの暖かさ、おそらく15度以上くらい状況。
  • 道の駅では、バイクのジャケットで暑いかな?くらい。
  • 最高気温25℃でも、走行中の足はジーンズだと、す~っとひんやりするくらい。膝はプロテクターで寒くないけど、太腿あたりの裏側がひんやり。苦痛ではないから、ジーンズだけでも良い。
  • 春夏用の一部メッシュのジャケット(バイクの春夏ジャケット買ってきた - kuniku’s hatena blog)だと寒いので、ジャケットの上から軽めの防風用の服(カッパより薄いくらい)が必要。中に防風ジャケットやペラペラのライトダウンジャケットでも着てれば十分。

山のツーリング

  • 山の上り、下りで耳がきーん、つーんと痛くなる。人よりも症状がでやすい。
  • 花粉
    • 夜にクラリチン1錠飲んで、朝半錠飲んで、点鼻薬もしているが、帰りの談合坂(16時)で、薬が切れてる感じというか、1日外にいるので、花粉の症状が抑えられないくらいだった。さいわい、目は目薬を定期的にしていたので痒くなることは抑えられた

2017-04-16燃費

  • 行きの御殿場IC近くのガソリンスタンドでの給油まで。満タン給油による計算 給油量 4.09L  約30km/L となりました。
  • 高速道路が95%以上。
  • 燃費計算のルートは、GSから家まで、家からツーリングへの集合場所、集合場所から首都高 湾岸、大井JCTからC2(中央環状線)、大橋JCT3号渋谷線、東名高速 御殿場IC後の、GSにて給油まで。
  • 走行距離 120-123kmくらい。渋滞一切なし。信号待ちを5回程度。エンジンスタートしたのは5回(GS出る、家出発、集合場所出発、海老名SA休憩後の出発、御殿場IC降りた後の出発)。

MT07にトップケースキャリアとトップケース(リアボックス)装着

2017-04-01に、ヤマハ純正(Y'S GEAR)トップケースキャリア を付けて、ユーロヤマハトップケース 39Lを装着しました。

キャリア装着画像

f:id:kuniku:20170402105324j:plain:h200f:id:kuniku:20170402104945j:plain:h200

f:id:kuniku:20170402105315j:plain:h200f:id:kuniku:20170402104844j:plain:h200

f:id:kuniku:20170402104837j:plain:h200f:id:kuniku:20170402105305j:plain:h200
f:id:kuniku:20170410210017j:plain:h200f:id:kuniku:20170410210024j:plain:h150

2017-04-10 BOX装着は撮影し忘れてたので、追加で撮影した。

どのキャリア・BOXがいいかなーと、迷う

GIVI、HEPCO&BECKER、純正Y'sgear(ユーロヤマハのBOX)どれにしようかなと迷っていて、

装着しているもの(購入したもの)

自分で取付に苦慮しそうだったので、工賃払って頼みました

  • ねじロックというのか、特殊ネジ使うみたいなのでプラスドライバーしかなく、ミスしたくないなと思ったため。サイドカバーの裏側の外し方がよくわからなかった(調べると押すみたいだけど)
  • 鍵以外は、比較的ラクそうに見えるけど、ネジを10箇所以上外すみたい。自分でやると、2時間くらいかかるんだろうな・・・と思ったので。
  • さすが、慣れた人は違います。40分くらいで終った。
    • 餅は餅屋ではありませんが、技術で売ってる商売だし、技術者軽視はあかんからね。私も仕事ではプログラマーやインフラやってるから技術は重要。
  • GIVIの場合の取付動画↓ですが、サイドカバー外すのは変わらないので参考になると思います。

キーシリンダーB

  • AでなくBなのは・・・
    • 自分で取付る場合にAよりもBのが簡単。Aは取付ミスすると、ダメみたいな記事もあった。
    • 仮に、バイク乗り換えてもケースと鍵はそのまま使える。仮にバイク複数台もっていてBOXを兼用する場合に使い勝手が良い。ヤフオクなどで売りやすい。
  • Bでないとダメケース
    • まだ使い方がわかっていませんが、BOXを取り外して持ち運ぶ場合に鍵つけたままにする必要がある?だとすると、車両キーだと長過ぎて邪魔になる or 最悪はキーが折れる?(→BOXを取り外した後に、鍵をかけて持ち運びことはできた、ただ、やり方がよくわからない。ごちゃごちゃやってできた。)
      • (Y'S GEARのサイトの画像をURLリンクで転載)https://www.ysgear.co.jp/share/images/Products/Q5KYSK069P01/Q5KYSK069P01_01_02_UGI.jpg

合鍵

  • 2本付いてくるんだけど、外出先で紛失すると・・・、など考えて、1本は自宅に置いておきたいので合鍵を作成
  • BOXがヨーロッパの製造みたいだが、よくよく考えると車両キーで開閉可能になっており車両は日本製造だし、イタリアのGIVIのBOXで合鍵つくってる場合あるから、合鍵作成できると思って
  • イトーヨーカドー葛西に入っているクラフトマンにて作成できました.
    • この鍵作れますか?と尋ねると、手にとって、すぐに、「バイク用の鍵ですか?」と聞かれ、「BOXです」と答えました。「今日もってきてますかね?」「はい」「じゃ、すぐ試せますね」と。合鍵つくる人はちらほらいるんですね。
    • 作成してもらい渡してもらう際に「無理に入れないで」ダメなら持ってきてと言われ、少しびびりながら、ゆっくり入れると、サキッポの時点で少しだけ抵抗がある感じで入りました。おそらく、0.05-0.2mmくらいで鍵が厚いのだと思う(鍵幅でなく、面の厚さ)。鍵をかける、あけるを数回試してOKだったので、そのまま使います。
    • 500円(税込み)でした
    • 合鍵の方は、マスター鍵に比べて全長が1cm長くなった。島忠ホームセンターに入っている店の方だと、一般的な家等の鍵くらいの全長になる(2-3cm長くなる)って言われた、金額は648円と、クラフトマンよりも少し高かったのでクラフトマンで良かった。

感想

  • ユーロヤマハトップケース 39L BOXで、フルフェイスのヘルメットがギリギリ入るのかちょっと心配していた。SHOEIのGT-Airは十分入りました。寝かせるような横置きでなく、そのまま縦おき(顎は下タイヤ側、てっぺんは天井)です。若干余裕ありです。ただ、NEOTEC持っていないので不明ですが、システムヘルメットだとわからない。
  • ミラーにBOXが映るようになりました。わずかに視野が狭くなるのかもしれませんが、BOXの真後ろ部分が死角になるかも。左のミラーで右のミラー側で映る一部を見たり、右のミラーで左のミラー側で映る一部というクロスする部分が少なくなる印象。仮にBOXが落ちたら気付くでしょうね。
  • 1つ2つ残念なのが、GOLDWINのGSM17614ツーリングデイパック27をタンデムシートにつけることが難しくなった。
    • f:id:kuniku:20170416181901j:plain:w200f:id:kuniku:20170416181806j:plain:w200f:id:kuniku:20170418132619j:plain:w150
    • デイバッグが大きい(10cm以上長い)ため、ケースBOXにあたってしまうようになった。
    • バッグをBOXに入れるにも、バッグがすっぽり入らず、(バッグの中身の量を減らして)への字のように折り曲げないと入らず。
    • バッグの中身を減らして今までのようにタンデムシート部分に湾曲させながら付けておくことはできますが、シート側にずり落ちる。
    • 高さが短い小さめのデイバッグ買うか、ウエストバッグの大きいのを買ってタンデムシート側に載せるか。シートバック専用を買うか(でも、かなり小さ目でないと似たことになる可能性あり)、バッグを横にしてネット等でしばるか。ネットでしばるにも、MT07はひっかける箇所が皆無
  • バイクカバーでは、「デイトナ(DAYTONA) バイクカバーブラックカバーシンプル LL 74453」つかっていますが、キャリアつける以前は、後ろがかなり余っていて、洗濯バサミで挟み、幅を狭くするように調整していたが、キャリア付けたことでLLでちょうどすっぽり収まるくらいになりました。ただ、高さが若干短くなり地面から5-10cm浮くようになります。風通しが良いことを望む場合は地面から浮くため、ちょうど良いくらいです。

MT07半年使用後のレビュー(走行距離 約4800km)、納車から半年経過した感想

MT-07 2016 ABSモデルでの第3回目のレビューをします
過去のレビューは、本記事の最後の方にリンクがあります。

状況
  • 使用用途
    • 通勤利用なし、月2-3回程度のツーリング / 往復50km程度のぶらぶら出かける / 買い物
    • 1回のツーリングでは、150~500km程度まで走行しました
    • 高速は、約10回程度使用、全体の走行距離のうち1500-2000kmくらいは高速だと思う
  • レビュー時の走行距離
    • そろそろ5000kmに達するかどうかの4800km、2016年8月下旬納車~2017年3月中旬時点までの利用。夏場も冬場も乗りました。
カスタム、オプション
  • 付けたオプション
    • エンジンガード(スライダー)
    • ラジエーターコアガード
    • USB充電
      • バイク屋さんに絶対に付けた方がいいと言われ、ほんとその通りです。スマホのナビ使うので、充電できないと非常につらいです。
    • スマホホルダー
    • ウィンドウスクリーン(ウィンドウプロテクション)
      • ネイキッドであってもスクリーンは欲しい。高速長距離での疲労がかなり違うと思います。VFR800XクロスランナーやBMW S1000XRくらいのスクリーンが好みだけど。
  • 性能に関わる箇所は、カスタムしていません
    • レバーグリップ付けたくらい
    • レバー、ステップ、サス、タイヤ、マフラー もろもろ ・・・交換していません
感想
  • 運動性能
    • 2速の加速、youtubeにMT-07でウィリー、フロント浮かせる動画(丸山浩さんの動画等)ありますが、2,3速の2000rpmの低回転域からトルクもりもり~の6000rpmあたりの加速は、やべぇ~、飛んでいくーと思えます(速度でなく加速)、フルスロットルで3秒も開けてられない。飛行機に2回しか乗ったことないけど、飛行機の離陸時の加速くらいに感じます。400ccクラスだと、飛行機には、まだまだ及びませんが、680ccってだけで、ここまで違うんだね。リッターバイクになると、かっとんでいくこと間違いなし。
      • 400ccは以前乗っていたGSXインパルス 53ps,3.8kg・m と比較して、MT07では73PS,6.9kgf・mで、最大トルクだと2倍くらい、馬力だと1.5倍くらいの違い。
    • 燃費よくするには、街中で、発進はクラッチ発進し、エンジン回転数抑えて、どんどんシフトアップする。4速に早めに入れる。
    • 4速で加減速する方がエンジン音がうるさすぎず、疲れにくいと思う。でも、私は3速メインです、エンジンブレーキ使うことが多いのと、街中は前に追いつくことが多い、アクセル戻してすぐに速度を落とせるため。
    • フロント
      • 正立フォークのデメリットなのかもしれませんが、なんとなく固い感じがするのと、カーブ前での強めのブレーキングからの倒しこみ、フォークが沈み込み、そのまま曲がっていく時。ハンドルポスト?のグニャというのが影響して、体への伝わり方がダイレクトでないことの影響かも。何れせよ技量不足だとは思いますが。
  • 足つき
    • 足をおろしたところに、ちょうどステップがきますが、慣れました。私は足つきに余裕があるため、ステップに対し前でも後ろでも横でも どこでもベタ足ですが、現時点では、ほとんどステップ前です。2-3000km走行くらいで気づかないうちに自然と前にくるようになりました。身長179-180cm(股下82-83前後)でブーツ(2-3cmの底、スニーカーならadidasuスタンスミスくらいの厚さ)履いたら、膝が折れて余るくらいの足つきです。シートが少し細いから余裕がうまれやすいのかな。
  • タイヤ
    • ミシュラン Pilot load3(パイロットロード3) のタイヤの持ち具合は、けっこうありそうですね。1万km以上余裕でいけそう。
    • 最近になって、後輪のトラクションを感じて曲がることができるようになってきた。温まっていないとグリップ性能は十分に発揮できない。
    • MT07の2014、2015年モデル等は、ブリヂストンのBATTLAX SPORT TOURING BT023が付いている場合があるようですが、タイヤの持ちはパイロットロード3に軍配が上がりますが、BT023はSPORT TOURING向けでグリップ力では断然BT023かと思います。パイロットロード3は、ツーリング・街中向けと思えます。攻める人は、スポーツ側に強い方にチェンジしても良いかも。長持ち優先や長距離ツーリングや日常使い(全天候優先、特に雨天重視)ならば、パイロットロード3か後継の4でしょう。
    • 年式が2016年の後半か2017年モデルだと、パイロットロード4が最初のタイヤで付いているみたい
  • 洗車
    • ネイキッドなのでやりやすいですね。車体が軽くて、ちょっと移動が大変そうな箇所でも余裕なので、作業しやすいです
    • タンクカバーに対して、自動車用の「SOFT99 水なし洗車&WAX」をつかっているけど、給油口よりも下部分であるタンクカバーのカバー(黒いプラスチックのやつ)付近が、汚れる。曇ったような汚れになる。前輪のサイドやシート下あたりのカウル部分は、水なしWAXの効果でているみたいで汚れつきにくく、ピカピカしたまま。
    • リアのサスペンション付近は、汚れやすい。汚れを落としにくく・拭きにくい。マイクロファイバータオルで手を奥まで入れるか、歯ブラシのお尻でウエスを押して汚れをとってます。
    • チェーン清掃
      • チェーン注油を比較こまめにしているためか、上側チェーンの下にある黒いゴム、リアのカバー、スプロケット、後輪ホイール 等がめっちゃ汚れる。キッチンペーパーというか、紙で汚れをとると、べっとり真っ黒です。歯ブラシ使うと、数回ゴシゴシしただけで、もうその歯ブラシは使いものにならない。チェーン注油の間隔は、現在は当初よりも伸ばしました。2,300kmくらいで、汚れがあれば拭き取るのみ。500kmくらい走行後に拭き取りと注油。2-3000kmくらいでチェーンクリーナーを使って清掃くらいのペースかなと思います。
  • 排熱
    • 足が熱いと言われるみたいですが、大型バイクならば、熱さはある程度、覚悟が必要ですね。
    • ブーツ等でくるぶしが隠れるくらいで乗っているため、まぁ、こんなもんじゃね?という感じです。夏場が熱いのは、何乗っても同じだと思う。冬場に、エンジンのフィンあたりで手が温められないのが辛いくらい、かなり下まで手を伸ばして、エンジン触るか、フレーム触って手を温めるしかできない。4気筒だったら、そんなに手を伸ばさなくても手を温められそう。
  • 不満点
    • MT-07用のハンドルポスト? 前後にグニャグニャ動く。ちょっと動きすぎて怖い感じがする。ふわっと浮いてる感じもするときがある。対策すると、せっかくの振動軽減が長距離で疲れそうなので、今のところ、このままです。グニャグニャ度合いは、個体差があるのではないかと思う。
    • 後輪ブレーキが、けっこう踏み込まないと、制動させるほど効かない(踏み込むとABSが作動しやすい)。なので、普通に後輪ブレーキかけると、じわりと効いてくる感じ。ただ、他のバイクに乗る経験が乏しいため、なんとなくの感覚です。
    • ライト
      • ハロゲンでは暗い、ハイビームを多く使うしかない&スピードは控えめに。ここのコストカットしてほくなかったな。
    • ガソリンタンク容量
      • 13Lでなく、15-16Lくらい欲しい。1日のツーリングで走行距離として一番多いパターンの距離250-300kmだと、リザーブ(燃料計ランプ最後1つが点滅状態)に入る前だと1回給油しないといけない。500km程度の場合だと、2回給油しないといけない。高速道路メインだと、何があるかわからないから残り4-5Lくらい(燃料計ランプが1つで点滅前)で給油したくなる、3Lあれば次のSA・PAのGSには間に合うだろうけど。
      • 近年のバイクは排ガス規制等と改良で、燃費は良くなっているためタンク容量を減らして、車両総重量を下げている。
    • NC700
      • 燃費と積載性だけでは、NCが羨ましいです。でも、遊び心が欲しいならばMT07だと思う。
    • シート
      • ケツ痛シートです、普段はエアホーク2を付けているのですが、外して走ったら、20分くらいで、え!こんなにすぐにケツ痛くなるっけ!?と感じました。そしてシートが低いというか、後ろ側にかけて低い感じがした。エアホーク2に慣れてしまい、50mm-1cmくらい高くなっても気にならなくなってた。
      • どのメーカーもシートがよろしくない、SSを除いてシートに金かけて欲しい、標準装備するなら1万くらいプラスになるだけじゃないの?
    • 積載用のパーツ
      • 付けようか迷っているけど、GIVIが良いのだが、合うのがなく、リアシート下のサイドカバーを加工するか等、面倒そう
      • ヘプコベッカーのトップケースホルダー(キャリア) だと、ヘルメットロックを外さないといけない。
      • 純正のトップケースキャリアだと、取り付け面倒そう、サイドカバー外して、組み付けて、、、、。でも、頑丈なアルミに見える。
過去の記事
  • 初回点検後くらいの1000km~の感想

kuniku.hatenablog.com

  • 初乗り~100kmくらいの時の感想

kuniku.hatenablog.com

追記
  • 2017-04-05
    • 4/1土曜に、純正のトップケースキャリアつけて、ユーロヤマハトップケース 39Lも取付できました。使い勝手は良い。1つ2つ残念なのが、GOLDWINのGSM17614ツーリングデイパック27をつけることが難しくなった。