kuniku’s blog ログ

日々の雑記。バイクやツーリングなど

2017-10-09 ツーリング 山中湖 と 忍野八海

ルート

全体
f:id:kuniku:20171010184633p:plain:w300
富士周辺
f:id:kuniku:20171010184639p:plain:w300

  • 前日に釘が刺さっており(http://kuniku.hatenablog.com/entry/2017/10/11/133505)、心配だったので首都高速は使わず、東京ICまで下道使った
  • 都心部は、祝日のためか かなり空いていた
  • スクリーンに、もやのような汚れが付いたんだが、おそらく排ガス関係の影響だろう、いつもは都内走行しないからわからなかった
  • 東京IC手前のガソリンスタンドで給油+空気圧チェック、空気は漏れていなかった。走行することで内圧が上がるのは考慮済み。
  • 渋谷の警察署手前でナビの示す通りよりも、1つ手前で右折車線に入ってしまった。オレンジ色線だったから車線変更せず、元のルートに戻った。都心部は難しい。赤坂あたりでナビが途中ぐるぐる回ってルート変えようとするし
  • 行きの高速道路
    • 東京ICから御殿場ICで降りて、近くのガソリンスタンドで給油。ここで、ほぼ高速道路のみでの燃費を計算してみると、足柄SAで休憩を含めて 距離85.9km / 給油2.83L = 30.35km/L 、ただ若干多め(100-200ml)の給油になったかも。高速道路では、タイヤが気になっていたので速度は抑えて、80km- 110kmあたり。下り坂で速度が上がる以外は、始め数キロは80km、その後は90-95kmを維持。渋滞一切なし。同じ車線で、前方車両が同じまま何キロもあったけど、集中力低下するので、時折車線変更や追い越しが必要だと思った。
  • 帰りのルート
    • R246号は、すげー渋滞続きだった。県道730号の山中湖パノラマ台から、県道147号をそのまま降りてR246号に入り、そのまま大井松田から東名に乗ったが、パノラマ台から戻って富士五湖道路かR138号を使って御殿場から乗る方が良かったと思った。高速使わない人が全部流れてくる状況で、小田原や相模原側に行く人ばかりだろうか。なお、県道730号、147号は下り勾配がきつく、エンジンブレーキ効きすぎなくらいだった。道路にはタイヤ跡がたくさんあり、夜中にスポーツカーやチェイサー・シルビアなど走り屋くるのかなと思った
    • 高速乗って、10キロも行かないくらいにすぐ渋滞に入った
    • 10/09は、バイク絡みの事故や故障が多く感じた。路肩に退避してるのを3回は見た。

撮影 、スポット

富士山

  • 外国人ばかり、日本人どこ吹く風。
  • 観光客の半分以上は、外国人で 特に中国人が多いのかな? 金縁のサングラス/自撮り棒 持った人々、そして忍野八海でのコイン投げ禁止の看板、みやげ場所での店員が中国語話す
  • 2003-2005年頃だったかな?その時は、日本人いっぱいだったと思う
  • たくさんお金を使ってくれるのはありがたいがね

足柄から
f:id:kuniku:20180208145400j:plain:w200

山中湖


f:id:kuniku:20180208145416j:plain:w200f:id:kuniku:20180208145424j:plain:w200f:id:kuniku:20180208145432j:plain:w200f:id:kuniku:20180208145458j:plain:w200

湖と富士山
f:id:kuniku:20180208145605j:plain:w200f:id:kuniku:20180208145543j:plain:w200

f:id:kuniku:20180208145505j:plain:w200f:id:kuniku:20180208145513j:plain:w200f:id:kuniku:20180208145520j:plain:w200

忍野八海

f:id:kuniku:20180208145629j:plain:w200

一番と三番を除いて行った

五番 湧池

f:id:kuniku:20180209132640j:plain:w200
f:id:kuniku:20180208150335j:plain:w200f:id:kuniku:20180208145636j:plain:w200f:id:kuniku:20180208145644j:plain:w200
f:id:kuniku:20180208145700j:plain:w200
f:id:kuniku:20180208145710j:plain:w200

水車とか

f:id:kuniku:20180208145718j:plain:w200
f:id:kuniku:20180208145758j:plain:w200

ここって人口の池?湧池の一部の扱いなのかな

中池は、人工の池とある(忍野八海 - Wikipedia
お土産とかある、真ん中の池
f:id:kuniku:20180208145901j:plain:w200

観光客が多い
f:id:kuniku:20180208145807j:plain:w200f:id:kuniku:20180208145815j:plain:w200
f:id:kuniku:20180208145828j:plain:w200f:id:kuniku:20180208145835j:plain:w200f:id:kuniku:20180208145846j:plain:w200

f:id:kuniku:20180208145909j:plain:w200f:id:kuniku:20180208145917j:plain:w200
f:id:kuniku:20180208145941j:plain:w200

一番深い池がここにある. 深度があって焦点が合わないのかな?
f:id:kuniku:20180208145925j:plain:w200f:id:kuniku:20180208145933j:plain:w200
f:id:kuniku:20180208145948j:plain:w200

六番 濁池

f:id:kuniku:20180209134159j:plain:w200
f:id:kuniku:20180208145738j:plain:w200
f:id:kuniku:20180208145748j:plain:w200

七番 鏡池

f:id:kuniku:20180209132832j:plain:w200
f:id:kuniku:20180208145956j:plain:w200

付近の民家など

f:id:kuniku:20180208150015j:plain:w200
f:id:kuniku:20180208150023j:plain:w200

八番 菖蒲池

f:id:kuniku:20180209132954j:plain:w200
f:id:kuniku:20180208150034j:plain:w200

トイレ、風情があるトイレ
f:id:kuniku:20180208150052j:plain:w200

工事中だったけど、昔ながらのからぶき屋根
f:id:kuniku:20180208150101j:plain:w200f:id:kuniku:20180208150119j:plain:w200

f:id:kuniku:20180209134750j:plain:w200

一般の家だけどキレイだったので撮影してみた
f:id:kuniku:20180208150138j:plain:w200f:id:kuniku:20180208150150j:plain:w200

二番 お盆池

f:id:kuniku:20180209133215j:plain:w200
f:id:kuniku:20180208150210j:plain:w200
f:id:kuniku:20180208150220j:plain:w200f:id:kuniku:20180208150230j:plain:w200

途中の川、キレイや

f:id:kuniku:20180208150240j:plain:w200f:id:kuniku:20180208150248j:plain:w200
f:id:kuniku:20180208150258j:plain:w200

四番 銚子池

f:id:kuniku:20180208190420j:plain:w200
小さな魚がたくさんいた
f:id:kuniku:20180208150319j:plain:w200f:id:kuniku:20180208150327j:plain:w200

山中湖パノラマ台

f:id:kuniku:20180208150456j:plain:w200
あいにくいの曇りで、富士山のすそのあたりしか見られない
f:id:kuniku:20180208150357j:plain:w200f:id:kuniku:20180208150405j:plain:w200
f:id:kuniku:20180208150413j:plain:w200f:id:kuniku:20180208150503j:plain:w200
f:id:kuniku:20180208150514j:plain:w200f:id:kuniku:20180208150525j:plain:w200