kuniku’s hatena blog

日々の雑記

エアホーク2を使った感想

率直な感想

率直に全体の走行ではそんなに効果あるのか?ってくらいに、大きな違いはありませんでした。
無いよりは、いいかな という印象。1-2割くらい軽減かな。劇的改善はされない。

編集履歴

  • 2017-05-22 レビューを追記
    • エアホーク2をつけた後に、走行距離5000km以上の感想を追記しています.
  • 2017-06-27 本文の構成を変更
    • 注記を末尾で記載していましたが、先頭に移動。この記事へのアクセスが思いのほか多いので、先に注記を記載するようにしました。

注記(購入を検討している方向け)

  • いま(2016年10月19日時点、2017年6月27日時点)ならば、「エアホーク」よりも「ワイルドアス」のが良い。返品保証しているのと、ポリウレタンだけの安い「スポーツ ライト ¥10,500 (税込 ¥11,340)」、ゲル+3層ポリウレタンのちょっと高いやつ「スポーツ エアゲル ¥18,000 (税込 ¥19,440)」の どちらか選べる。エアホークだと1択しかないから。
    • さらに、お金あるならば、最上階のネオプレーン 「スポーツ クラシック ¥21,000 (税込 ¥22,680)」も選べる。
  • このページの「感想その3」の通り、エアホーク2を購入する前に、自転車用のサイクルパンツでケツ痛対策を試してみるのはいかがでしょう。値段は数千円未満で購入できます。安いと千円程度。
  • エアホーク2やサイクルパンツを試す場合に、足つきが若干悪くなると思いますので、そのあたりは注意すべき点だと思います。エアホーク2で、0.5-1.0cmくらいシート高が上がります、サイクルパンツで0.5-1.0cmくらい上がる予想。

体型(使用者の体格)

  • 身長179-180cm 体重72kg前後です、お尻にはたくさん脂肪ありません。

使用状況

  • 走行距離500kmの日帰りツーリング1回使用したところでの感想。
    • 500kmのうち、高速道路が350km、下道が50km、峠や山道などの片側1車線の田舎道、県道が100kmくらいです。
  • 取り付けて走行距離5000km以上で感想
    • 2016年10月~2017年4月頃での日帰りツーリング(200~500km)において、10回以上使用

感想その2、500kmの日帰りツーリング

高速道路に限れば、けっこう楽です。左右、前後の移動が少ない場合は効果を発揮する。
峠や山道での下りは、まったく効果なし。体重が前に移動するため空気の層が後ろにずれてる。変に移動するから、余計に痛くなってるかもしれない。

感想その3(2017-05-22追記、取り付けて5000km以上の走行後の感想)

  • エアホーク無しと有りでは、無しのときは、20-30分でケツ痛になり、有りの場合だと1-2時間くらいでケツ痛になるくらいです。ケツ痛になることには変わらない。
  • 冬場は、ワークマンのイージス透湿防水防寒スーツの下のパンツをジーンズの上から着ているため、1日で200-400kmで合計6-8時間くらいバイク乗っても、たまに痛くなる程度でした。
  • 春くらいから、ジーンズのみにしてから、1-2時間でケツ痛になります。なのでイージスのパンツがかなり吸収していたと思います。
  • エアホークでのケツ痛の解消と合わせて、パンツ側で解消する方がより効果的ではないかと思います。「自転車用のサイクルパンツ」を試して見るほうが良いのではと思います、安いですし。
  • 夏に炎天下でシート熱くなりますね。これを付けてると、2017年5-6月での使用時においては、あちっ!って程にはなりません。蒸れにくいです。

痛さ

  • 無しのとき:
    • 頻繁に痛くなるのは、シートの形が影響して、シートのエッジみたいなところにお尻があたり、太もも裏側の中央側からお尻にかけての骨がコリコリするところが頻繁に痛かった.坐骨神経痛といわれる箇所よりも少し下の太もも側のあたりが痛い
  • 有りのとき:
    • シートに対しわずかに上に位置することになるため、シートのエッジに直接お尻は当たらない(わずかに当たるときもある)ため、無しのときに比べて痛い箇所は痛くならず、太ももの内側がお尻の穴(肛門)にかけて痛くなるようになった。痛くなる場所が変わった。

装着

  • 装着した後の画像、養生テープの箇所にバンドが来てます

f:id:kuniku:20161019212345j:plain:w150f:id:kuniku:20161014220153j:plain:w100f:id:kuniku:20161014220208j:plain:w150f:id:kuniku:20161014220236j:plain:w150

実際に使ってるときは、上記の画像よりも、さらに空気は抜いてます。
上記の状態だと、乗ったときに 少しふわん として中の空気が大きく移動したので、上記の状態から2-3回押して空気を抜きました。

空気は、抜きすぎか?ってくらいに抜いています。ミラーの見え方はエアホーク有無でほとんど違いがないくらいの見え方。
ぺちゃんぺちゃん、手で全体を押すと押された箇所の空気が少し移動しているのがわかるくらい。バイクに跨り、まったくふわんふわんしないくらいに抜いた。

使いつづけるか、ジャペックスで返品保証あるので返品するか

  • 返品するかは、もう少し使ってみてからにする。
  • 高速道路に限れば、使えるんだけどな。街乗りは効果なし。
  • 街乗りとツーリングどちらも対応しているという、「ワイルドアス」の「SPORT AIR GEL / スポーツ エアゲル」(SPORT AIR GEL / スポーツ エアゲル【WILDASS / ワイルドアス】 ジャペックスオンラインショップ(JAPEX ONLINE SHOP)ガエルネ正規輸入代理店)が60日返品保証しているから、そちらにしてみるか?
    • 9月にジャペックスに問い合わせしたら ワイルドアスは 返品保証キャンペーンやってないから、エアホークを試してみてくださいって返事だったんだけど、エアホークの返品保証キャンペーンが終わったら、ワイルドアスの返品保証に変わった。残念だ。最初からワイルドアス使ってみたかったなあ。
    • SPORT AIR GEL / スポーツ エアゲルならば、空気を少し入れる場合と、まったく入れないでジェル(ゲル)だけで使うこともできるので、ストップ&ゴーの街乗りに使えると思うんだけどな・・・・

今後

  • ワイルドアス使ってみたいけど、お金がない。ワイルドアスに費やすよりもパンツ側で対応する方が良いのではと思っている。
  • エアホーク2を使う場合は、街中を基準に、ミラーの位置が変わらないくらいの空気量にして、高速道路では空気を少し多めに、軽く1-2吹き分の空気を入れる。峠では、これでもかってくらいに空気を抜く感じかな。