kuniku’s blog ログ

日々の雑記。バイクやツーリングなど

MT07の燃費 part7

燃費

最近、燃費を計測できていなかったけど、2017-01-28に主に千葉南房総のツーリングでの燃費を計測した。

約258km走行して 給油9.87L = 26.13km/L

走行

主に 県道33,92,93,88,34,国道410を走ったので、信号での停止は比較的少ないですが、そんなに燃費伸びてなかった。

  • 回転数高めで伸びないのかな
    • 40-60kmくらいだと3速を使って、20-30秒以上継続した時にギヤ上げとくかって思って4速に上げるか、速度がそれ以上にならないと4速はあまり使わないからなのかな。
  • 燃費良い走りは無理だ
    • 私の走り方だと、高速で5-6速での巡航100kmでないと、燃費伸びないだろうな。高速でも追い越しで100kmは超えやってるから燃費伸びないんだけど。
燃料計のメモリ
  • 今回、給油までに感じたのは、燃料計の最後の1メモリがなかなか点滅状態にならなかった。
  • 走行距離195-200kmくらいで残り1メモリの表示になり、そこから点滅しないまま給油したので、最後の1メモリで60kmは走れたことになる。MT07の燃費part3(燃料目盛りの減り方) - kuniku’s blog ログに記載したときの予想は、6メモリ目はよく頑張って40km予想だったけど、遥かに上回った。残り1メモリの表示が、何かのタイミングで早く表示されたただけなのか・・・。
  • いつも残り2メモリ目が表示されている状態で給油することが多いから、記憶も曖昧。
  • なお、最後の1メモリが点滅する時が、燃料残は2.9-3.0Lくらいらしいので、今回の走りだと330kmが限界か。自宅近辺から愛知県の真ん中くらいだと、もつかもたないか ガス欠になるぐらいだな。

ルート他

ツーリングルートと撮影した画像は、後日アップ予定にしておく。

今回のツーリングで

バイクのトータル走行距離が3900kmを超えました。
エンジンオイルがけっこう黒くなっています。どろっと黒くではなく、ドロっとよりも少しサラっとした黒くです。
1000kmでエンジンオイル交換した時は、黄金色だったなー。

2017-01-28 房総ツーリング 富津、君津、南房総(九十九谷公園、大山千枚田、旧家、竜宮社ほか)

ルート

1/28のツーリングルート 南房総
いろいろなところに回った。朝早めに出発したから1つ目の鹿野山にAM9時30分頃には到着できた。
f:id:kuniku:20170208133513p:plain:w300

鹿野山 九十九谷公園

眺めが良いですね、ちょっとした山までバイクで登ってきて見晴らしが良いです。
けっこう綺麗なトイレ、整備された駐車スペースあります。朝、夕の景色が良いらしい。
f:id:kuniku:20170128093558j:plain:h200
f:id:kuniku:20170128093300j:plain:w250f:id:kuniku:20170128093313j:plain:w250
f:id:kuniku:20170128093651j:plain:w250f:id:kuniku:20170128093630j:plain:w250
f:id:kuniku:20170128094218j:plain:w250f:id:kuniku:20170128094214j:plain:w250

大山千枚田 AM11時頃

春から夏にかけて、田植えの後くらいの景色も良いでしょうが、冬場の景色も良いものです。
春に観光で人が多く来るためか、トイレ建設中でした。外観は出来上がってましたので4,5月頃には完成していると思います。
f:id:kuniku:20170128105804j:plain:w200f:id:kuniku:20170128105753j:plain:w200f:id:kuniku:20170128105833j:plain:w200

棚田の景色

f:id:kuniku:20170128104609j:plain:w150f:id:kuniku:20170128104816j:plain:w150f:id:kuniku:20170128104841j:plain:w150f:id:kuniku:20170128104615j:plain:w150

f:id:kuniku:20170128104933j:plain:w200f:id:kuniku:20170128104953j:plain:w200f:id:kuniku:20170128105013j:plain:w200

f:id:kuniku:20170128105153j:plain:w200f:id:kuniku:20170128105315j:plain:w200f:id:kuniku:20170128104916j:plain:w200

近くにあった食事処

f:id:kuniku:20170128105232j:plain:w150

稲穂の時期 、看板を撮影

f:id:kuniku:20170128105839j:plain:w150

旧水田家住宅 AM11時50分頃

  • からぶきの屋根、中に入ることができて、かまどや囲炉裏、台所?が見られます。
  • 家の門、ちょっとした日本庭園での鯉、梅の花があります。
  • 数百メートルくらい離れてところに桜の時期に名所「嶺岡林道桜並木 水田桜記念碑のあることころ」となる場所があります。
  • 家に入って、下は土、少し湿ったかのような土で、床まで段差が50cmくらいあるんだけど、昔のお婆ちゃんの家を思い出した。その時は、落ちないようにね!って言われたかな。

f:id:kuniku:20170128115136j:plain

入り口、門
f:id:kuniku:20170128114122j:plain:w200f:id:kuniku:20170128114138j:plain:w200f:id:kuniku:20170128114146j:plain:w200f:id:kuniku:20170128114203j:plain:w200f:id:kuniku:20170128115359j:plain


中、庭、入り口の裏側
f:id:kuniku:20170128114244j:plain:w200f:id:kuniku:20170128114250j:plain:w200f:id:kuniku:20170128114306j:plain:w200

家 手入れが行き届いています、小さな池の鯉
f:id:kuniku:20170128114314j:plain
f:id:kuniku:20170128114535j:plain:w300f:id:kuniku:20170128114618j:plain:w300
f:id:kuniku:20170128114359j:plain:w200f:id:kuniku:20170128114449j:plain:w200


家の中 囲炉裏や釜
f:id:kuniku:20170128114856j:plain:w200f:id:kuniku:20170128114908j:plain:w200f:id:kuniku:20170128114927j:plain:w200
f:id:kuniku:20170128115020j:plain:w200

ちょっと道を上がっていった先の分岐と桜並木

f:id:kuniku:20170128113726j:plain:w200f:id:kuniku:20170128113721j:plain:w200f:id:kuniku:20170128113659j:plain:w200
桜の季節は、白い半ビラが咲く模様

道中の棚田

  • 地図には載ってない棚田、パラグライダー発着場に行くために県道から細い道に入るあたりのところ

f:id:kuniku:20170128120200j:plain:w200f:id:kuniku:20170128120208j:plain:w200f:id:kuniku:20170128120213j:plain:w200

パラグライダー発着場 AM12時頃

  • 既に先客がいた
  • 良い眺めですね。外界。
  • ドローン飛ばしている人がいた
  • 常に風がそよそよと吹いている感じです。強風ではない。
  • 途中、林道っぽい道通るけど、コンクリートの道なので、未舗装ではない。

f:id:kuniku:20170128121003j:plain:w300f:id:kuniku:20170128120953j:plain:w300
f:id:kuniku:20170128121451j:plain:w200

竜宮社 13時頃

  • 縁結びらしい、縁はないけど
  • 海岸は、まあまあな眺めでした。大洗よりも少し穏やかに感じた。波の音はいいものですね。
  • 海水浴場も兼ねているのですが、砂浜側が短いというか小さいというか、水位が上がると無くなってしまいそう。

f:id:kuniku:20170128125640j:plain:h200

f:id:kuniku:20170128125703j:plain:w200f:id:kuniku:20170128125709j:plain:w200f:id:kuniku:20170128125714j:plain:w200f:id:kuniku:20170128125732j:plain:w200f:id:kuniku:20170128125747j:plain:w200
f:id:kuniku:20170128130726j:plain:w200f:id:kuniku:20170128130736j:plain:w200f:id:kuniku:20170128130754j:plain:w200f:id:kuniku:20170128130759j:plain:w200f:id:kuniku:20170128130817j:plain:w200

旧尾形家住宅 13時50分頃

家の中は、見られなかった。開放されていなかった。
f:id:kuniku:20170128135213j:plain:w400
f:id:kuniku:20170128135009j:plain:w200f:id:kuniku:20170128135028j:plain:w200f:id:kuniku:20170128135047j:plain:w200f:id:kuniku:20170128135139j:plain:w200

となりの場所(石堂寺 重要文化財)に、ラピュタの木のような小さいやつがいた
f:id:kuniku:20170128135308j:plain:w200f:id:kuniku:20170128135344j:plain:w200

その他写真

九十九谷公園 行く途中の、のどかな川、小櫃川 房総横断道路と33号の間くらいの場所(北緯35.378995, 東経140.016630)
f:id:kuniku:20170128090017j:plain:w250f:id:kuniku:20170128085958j:plain:w250

九十九谷公園 を マザー牧場に向かって降りて、マザー牧場の手前からの富津岬と富士山
富津岬がいい感じに、見えます。ちょっとした小高いところから見ただけで、かなり低く見えるんだなという印象。
f:id:kuniku:20170128100955j:plain:w200f:id:kuniku:20170128100921j:plain:w200f:id:kuniku:20170128100817j:plain:w200

  • 帰り途中の給油 15時50頃(メーターの時計は10分くらいすすんでる)
    • 250kmほど、残り1メモリくらいで、点滅まではしていない状態。この後、約46km走って帰宅へ、給油しなくとも足りたかな。

f:id:kuniku:20170128155230j:plain:w200

  • 帰ってきた後のタイヤの状態、まだまだ溝は十分
    • 前輪

f:id:kuniku:20170128174552j:plain:w300

    • 後輪

f:id:kuniku:20170128174821j:plain:w300

2017-01-07 関宿城と岩槻公園へのツーリング

千葉と茨城と埼玉の県境に近いところにいった

利根川と江戸川の分岐地点

そこで知ったことの1つのびっくりは、江戸時代初期においては、
利根川から江戸川への流入がメインで、利根川は江戸(東京湾)に向かって大量に流れていたのを、幕府の土木事業により現在の銚子方面を本流とする利根川東遷事業(利根川のつけかえ)が行われた。

  • 諸説あるらしいが、以下のようなことらしい
    • 江戸に大量にくると、洪水被害が大きいため、今の銚子の方に川を流すようにした
    • 伊達家なのかわからないが、北東からの進軍に備える
    • 事業の副作用として、東北からの産物を、銚子~利根川経由で運びいれることができるよになった。それまでは、房総をぐるっとまわって、東京湾まで運ぶ必要があった。

関宿城では、ロードバイクの人がけっこういた。バイクの人は、1-2台だった

撮影画像

関宿城

f:id:kuniku:20170107115717j:plain:w200f:id:kuniku:20170107115736j:plain:w200
石垣は組み直したんでしょう
f:id:kuniku:20170107115838j:plain:w200f:id:kuniku:20170107115843j:plain:w200

f:id:kuniku:20180131135117j:plain:w200


城から堤防、堤外地(川の方)が広大
f:id:kuniku:20170107121626j:plain:w200f:id:kuniku:20170107121631j:plain:w200f:id:kuniku:20170107121646j:plain:w200
f:id:kuniku:20170107121653j:plain:w200
f:id:kuniku:20170107121703j:plain:w200f:id:kuniku:20170107121707j:plain:w200f:id:kuniku:20170107121716j:plain:w200
f:id:kuniku:20170107121727j:plain:w200f:id:kuniku:20170107121743j:plain:w200f:id:kuniku:20170107121745j:plain:w200

堤防から撮影
f:id:kuniku:20170107123710j:plain:w200f:id:kuniku:20170107123720j:plain:w200f:id:kuniku:20170107123725j:plain:w200
f:id:kuniku:20180130133811j:plain:w200f:id:kuniku:20180130133819j:plain:w200f:id:kuniku:20180130133829j:plain:w200
f:id:kuniku:20180130133841j:plain:w200f:id:kuniku:20180130133850j:plain:w200



城の裏の庭園など
f:id:kuniku:20170107115917j:plain:w200f:id:kuniku:20180130133908j:plain:w200

f:id:kuniku:20180131135013j:plain:w200f:id:kuniku:20180131134943j:plain:w200f:id:kuniku:20180131134901j:plain:w200f:id:kuniku:20180131134750j:plain:w200

下から見るとジオラマみたいなお城に見えるな

パラグライダーやってる人がいた
f:id:kuniku:20170107120033j:plain:w200f:id:kuniku:20170107120039j:plain:w200f:id:kuniku:20170107120045j:plain:w200


イメージ
f:id:kuniku:20170107121808j:plain:w200f:id:kuniku:20170107121851j:plain:w200

f:id:kuniku:20170107122023j:plain:w200

昔の江戸の頃の各地域
f:id:kuniku:20170107122233j:plain:w200f:id:kuniku:20170107122240j:plain:w200

野田や松戸は、栄えた町だったようだ

2017-01-03に千葉市の公園2つ(泉谷公園、泉自然公園)へ

千葉市の泉谷公園、泉自然公園にいった

  • 泉谷公園は、裏手に行ってしまい、駐車場を探すのに、回りをぐるぐる回って探して5-10分かかった
  • 泉自然公園は、駐車場まですんなり。けっこう広い公園です。
    • 1週回ることができず、橋を渡り、途中の池回りを歩いただけで疲れた。
    • のんびり歩いて、池を眺めたり、写真撮影したり、鯉やガチョウ等を見てたり、花見したりすると2時間くらいかかる。
    • 自販機はいろいろあった。カップヌードルの自販機、アイスの自販機、ジュースの自販機と3つ揃ってた。
    • バイクと自転車は無料だけど、自動車だと400円/日かかる。バス料金は別。

泉谷公園

f:id:kuniku:20170606133046j:plain:w200f:id:kuniku:20170606133050j:plain:w200

今回の MT07の燃費

9.29L給油 =415.3 km-194 km =221.3km走行 => 23.82km/L

  • マイナスの194kmは給油時にトリップをリセットし忘れたので、給油時に確認した時の走行距離を差し引いている
  • 走行は、前回の茨城にいった後の高速(95%くらいが高速)と、年末にやった暖気運転10分、今回の千葉の公園ぷらぷら2つめぐり
    • 高速は、水戸北スマートIC常磐自動車道~首都高6号三郷線~C2中央環状線湾岸線
    • 暖気運転は、ちょっと乗らない可能性があったため、週1回はエンジンかけておきたかったので、アイドリングとたまに4-5000rpmまで空ぶかし
      • 暖気運転分がまるまる走行距離には反映されていない、暖気10分くらいなので、渋滞で10分停止と似たくらいかな
    • 357号~市原の警察署あたり~泉谷公園~泉自然公園~357号のツーリングでの燃費

2016-12-24 ツーリング 茨城県 大洗海岸とビーフラインのルート失敗

今回のツーリングでの燃費 194km 7.46L = 26.0km/L
すべて一般道。渋滞にハマることが、ほとんど無し。単純な信号待ち程度。まあまあ良い燃費かな。
行きは一般道で帰りは常磐自動車道の高速に乗ったのですが、その後に給油していないため、高速乗る直前に給油したところまでの燃費です。

ルート

f:id:kuniku:20170530124419p:plain:w500

大洗サンビーチまでのルート

Yahooナビだと渋滞にひっかかりやすいのでgoogle のナビにまかせてみました。
  • 国道357号をららぽーとより手前の信号「栄町」で左折、14号を少しかすめて、千葉街道をさらに少しかすめて、大きく右折、そのまま住宅街みたいなところを走り、東海神の駅、東武野田線の横を1.5kmほど、馬込十字路から木下街道59号へ、鎌ヶ谷大仏駅の踏み切りをわたり、そのまま59号を。
  • 464号に入り、北総線の横を、国道4号に入り、356号へ、そのまま川沿い、356号をじゃんじゃん進みます。(もしくは、途中で利根川の橋を渡って、茨城県側に入り、11号をじゃんじゃん進んでも良い。おそらく11号のがすいてる。私は、長豊橋(「赤い橋)を渡って、即、川沿いを走り、11号に合流。)
  • その後、北利根橋霞ヶ浦を渡り185号へ。185号をそのまま道なり、途中に186号へ。北浦大橋を渡り、242号の交差点「荒井」まで。
  • 242号を直進し、信号機名がないけど、信号を右に大きく右折し、臨海大洗鹿島線の上を渡り、51号へ。
  • そのまま51号を進み、51号を左に降りて、大洗サンビーチ入口の信号を右折して、県道2号へ。大洗サンビーチに到着。
絶景な

大洗サンビーチ入口を右折した後は、絶景な感じだった、見とれすぎるとカーブなので注意
(スバルのCMだと国道51号に向かって鹿島灘 海浜公園を海岸側からカーブを上がってくる方面なので、ちょっと違う場所)。

渋滞回避

Yahooナビだと、鎌ヶ谷大仏駅あたりまで かなり渋滞するんだけど、早めに出発してgoogleにまかせたら、船橋あたりの 京成本線東武野田線 の踏み切り渋滞や県道9,8,59の渋滞をうまいこと回避できたとは思う。早めに出発が有効だ。

ビーフラインのルート失敗
  • 下調べが足りず、どこが広域農道のビーフラインなのか、わからず。
  • 画像でいうところの、上の方から南下してる途中まではビーフラインだったけど、途中の交差点でわからなくなった。
  • 最初の入り口のちょっとだけ(数キロ)走って、後は 県道に紛れこみ、わからなくなり、時間もおしてるから帰路へ

撮影した画像

行きの千葉のとある場所

スギ林がエアーズロックみたい f:id:kuniku:20161224092752j:plain:h100

大洗サンビーチ

サーファーがちょっといるくらい、めっちゃ空いている(冬だし)
f:id:kuniku:20161224114353j:plain:w200f:id:kuniku:20161224114713j:plain:w200f:id:kuniku:20161224114948j:plain:w200

大洗海岸

f:id:kuniku:20161224124044j:plain:w300

めっちゃ空いている、クリスマスイブだし、バイクがヘッドライトで口づけを交わしてるのが、ちょうど写ってる。カップルでツーリング来てる人。ヘルメットの二人姿の人なのかな。
f:id:kuniku:20161224121652j:plain:w200f:id:kuniku:20161224121619j:plain:w200f:id:kuniku:20161224121616j:plain:w200f:id:kuniku:20161224121612j:plain:w200f:id:kuniku:20161224121656j:plain:w200

大洗海岸(大洗公園)と波と鳥居

f:id:kuniku:20161224121710j:plain:w200
f:id:kuniku:20161224122524j:plain:w200f:id:kuniku:20161224121828j:plain:w200f:id:kuniku:20161224121824j:plain:w200f:id:kuniku:20161224122739j:plain:w200

波いっぱい

波がひいていくときの海水と砂利(石)の音がいいね。

f:id:kuniku:20161224123119j:plain:w200f:id:kuniku:20161224123141j:plain:w200f:id:kuniku:20161224123507j:plain:w200
f:id:kuniku:20161224123510j:plain:w200f:id:kuniku:20161224123519j:plain:w200f:id:kuniku:20161224123523j:plain:w200
f:id:kuniku:20161224123528j:plain:w200f:id:kuniku:20161224123547j:plain:w200f:id:kuniku:20161224123555j:plain:w200
f:id:kuniku:20161224123615j:plain:w200f:id:kuniku:20161224123624j:plain:w200f:id:kuniku:20161224123628j:plain:w200

f:id:kuniku:20161224123631j:plain:w200f:id:kuniku:20161224123635j:plain:w200


f:id:kuniku:20161224123759j:plain:w200f:id:kuniku:20161224123801j:plain:w200f:id:kuniku:20161224123804j:plain:w200

f:id:kuniku:20161224123806j:plain:w200f:id:kuniku:20161224123813j:plain:w200f:id:kuniku:20161224123815j:plain:w200
f:id:kuniku:20161224123817j:plain:w200f:id:kuniku:20161224123822j:plain:w200f:id:kuniku:20161224123825j:plain:w200
f:id:kuniku:20161224123829j:plain:w200f:id:kuniku:20161224123831j:plain:w200

ひたちなか市あたりの公園

f:id:kuniku:20161224131826j:plain:w200f:id:kuniku:20161224131858j:plain:w200

ビーフライン

f:id:kuniku:20161224142427j:plain:w200f:id:kuniku:20161224142417j:plain:w400

のどかな風景

f:id:kuniku:20161224145200j:plain:w300